MAHOLLO BAR

まほろバル メニュー

秩父麦酒オフィシャルタップルームとして2016年にオープン!
2017年10月より醸造開始した秩父麦酒醸造所つくりたての樽生のクラフトビールが昼間から飲める秩父初のクラフトビールの専門店

ゆとりある店内は、クラフトビールをきっかけに人と人とが繋がれる場であっり、仕事の疲れをいやしたり観光のひと時を、「心地よい場所」まほろばを感じていただけたら幸いです。
※店舗名は秩父神社の権宮司 薗田建様に名付けていただきました。

クラフトビールメニュー

「心地いい場所」まほろばを愉しむ。

タップ数は現在6タップあり秩父麦酒を常時4タップ繋ぎ、2タップは国内外の小さな醸造所で作られる個性豊かなクラフトビールを繋ぎ替えながら提供致します。
樽ごとにガス圧を管理する2次レギュレーター方式を採用することで、各種ビールに適した美味しい状態でクラフトビールをグラスに注ぎます。

〜主なビールスタイル〜

★ピルスナー(ラガー系)
  • 日本・世界中でも最も飲まれている王道ビール♪透明感ある黄金色のビールは、きめ細やかな泡とバランスの良いホップの香りと苦みの!のど越しの良いクリアな味わいが特徴的。
★シュバルツ(ラガー系)
  • ドイツ語で黒を意味する下面発行ラガービール。濃厚そうな見た目の印象とは違い、アルコール度数はピルスナーと変わらずシャープでクリアな味わい。焙煎した麦芽のコクがローストした食材によく合います。
★ペールエール(エール系)
  • ペール(薄い)エール(上面発酵)を意味するビール。その昔、濃色系が主流だった時代に生まれたドイツ発症のビール。イギリスホップを使用したイングリッシュ・ペールエールやその後アメリカホップを使用した柑橘系のアメリカン・ペールエールが作られる。
★インディア・ペールエール(エール系)
  • 通称IPAと略される中程度からやや高めのアルコール度数で香りと苦みが強いのが特徴てき。色は琥珀色のビールが多く、起源はイギリスからの輸出用に劣化を防ぐため通常より多くのホップを使い作られたのが始まり。
★スタウト・ポーター(エール系)
  • ロンドンのポーター(荷物運び人)に人気のブラウンエールが海を渡り、アイルランドで進化したスタウト。原材料の一部に精麦しない大麦をそのまま焙煎した香ばしさがスタウト特徴。
★ヴァイツェン(エール系)
  • 大麦麦芽と小麦麦芽を使用して造られる。バナナのようなフルーテーィーな香りが特徴的なエールビール。酵母を除去したクリスタルタイプを除くと、濁りがあるのが特徴。日本でも人気が高く数多くの醸造所で作られている。
★ホワイトエール(エール系)
  • 麦芽化していない小麦を使った白濁りとスパイスが特徴的。小麦タンパクと酵母がビールを濁らせ泡持ちがよいのが特徴。小麦の酸味とスパイスの織り成す爽やかで苦みのすくない女性でも飲みやすいビールです。
★フルーツビール(その他)
  • 既存のビールにフルーツジュースを加えたビール・カクテルとは違い、醸造工程の途中や発酵中のビールにフルーツの果肉や果汁を加えて造られます。フルーツのフレッシュな香り、酸味、甘さなど、苦いビールが苦手な方にも好まれています。

 

小皿料理

フードは店長みずから育てた無農薬野菜と地元の食材を中心に使ったビールに合う小皿料理。
季節のお勧めメニューをご用意しています。

ビールに合う小皿料理

季節のサラダ
  • 自家製野菜と秩父産の取れたて野菜を使いシンプルに旬な素材の味を感じていただける一皿に仕上げました。
自家製ピクルスの盛り合わせ
  • 地元野菜を中心に5~7種類の素材ごとに漬け込み液の調合を変え、素材に適した塩味と酸味のバランスを取り仕上げました。
主なビールスタイル

若鳥のヘルシーから揚げ
  • 脂身の多いもも肉と違いサッパリとした胸肉を使用。特製のビールタレに半日漬け込み柔らかくジューシーに仕上げたサクサク唐揚げ。
埼玉ブランド武州豚の無添加ソーセージ
  • 無添加の生ソーセージをジックリ旨味を閉じ込め焼き上げた肉本来味を凝縮。噛みしめる度に味の広がる一品です。

 

店長のビールにかける想い

まほろバル店長

グレープフルーツやパッションフルーツの様な華やかなホップの香りや麦のまろやかなコク。酵母の作り出す特徴的な香り。美味しいクラフトビールに出会いビールへの魅力に引き込まれてた自分の経験や喜びを沢山の方へ知ってもらいたい。そんな思いからバルを開業しクラフトビールを知らない方や苦手に思う方へ、苦みの少ないヴァイツェンやフルーツビールなど初めてでも飲みやすいクラフトビールを提供して一緒にクラフトビールの魅力を深めて、クラフトビールを楽しく地元で成長させて行きたいと思っています。